毎日映画劇場
最新の人気作から懐かしい王道映画までご紹介
動画配信サービスレビュー

【music.jpの評価や感想】内容についてメリット&デメリットを詳しく

音楽配信サービスとして昔からあるmusic.jpですが、実は映画などの動画配信も行っており、かなりの作品数のラインナップがあります。

私の場合はU-NEXTをメインで使用しているのですが、ネットサーフィンをしていて漫画の広告でmusic.jpを発見し、気になったので登録して利用してみました。

そこで実際に感じた感想やメリット、デメリットの評価などをまとめていきます。

music.jpの特徴

music.jpの特徴として他のどの動画配信サービスよりも、圧倒的なポイント額が付与されるサービスである。ということと、業界最大級の作品数を誇るU-NEXT以上に観られる作品数が多いということです。

月額1,922円で4,922円分のポイントが毎月貰えますから、今まで毎月レンタルしていた人からすると「このサービスはタダで毎月3,000円配ってくれるのかな?」と思ってしまうほどです笑

タイプ EST(都度課金型)
料金 月額1,922円(税込)
無料期間 30日間
ポイント 通常ポイント1922、動画ポイント3000
機能 DL再生可能/TV視聴可/音楽配信サービス付き

金額はU-NEXTに並んで比較的高めのサービスではありますが、新作動画に使えるポイントが4,922円分もありますので、実質10作品分ほど月額料金だけで観ることができます。

月額料金の安いHuluやdTVは確かにコスト的には魅力的かもしれませんが、どうしても観たい新作は見れなかったりします。

もし見ようと思ったら1作品500円のレンタル費用がかかりますので、10作品だと5,000円前後の出費。でもmusic.jpなら半分以下の月額1,922円で見れちゃいます!

実際にmusic.jpを使った感想

私は今までU-NEXTをメインで使ってきましたが、その理由としては他のHuluやNetflixなどに比べて作品数が多くて観たい作品がたくさんあるからでした。

ですが、music.jpを開いてみると驚き。U-NEXTと変わらないくらいのラインナップです!

新作の映画などの配信も早いですし、個人的に好きなガンダム作品もしっかりと揃っているので新しい作品は常にチェックする人からすると良いサービスかなと思います。

私が感じたmusic.jpの2つのデメリット

実際に私が使ってみて、ちょっとこれは不便だな〜とか、こういう人には不向きだな〜というポイントをまとめていきます。

動画配信選びの参考になれば幸いです!

1)特に見たい新作が内ときは損した気分になる

music.jpには見放題というサービスがありませんので、新作でも旧作でも有料なのでポイントを消費しなければなりません。

新作で他の動画配信サービスで観られない作品を見るときはとても便利に感じますが、他の動画配信サービスで既に見放題作品としてラインナップされている作品を見るときはちょっと損をした気分になります。

ただ、もちろん見たい新作がたくさん登場する月は良いんですけどね。

2)イッキ見をしようとするとそれでポイントがなくなる

私の場合、ガンダムが好きなのでmusic.jpをチェックしてみたら見事にほぼ全シリーズがラインナップされていて驚きました!

ただ、残念なことに全てが有料コンテンツ扱いなので、1話から見ようと思ったら全話50話ほどありますからポイントが足らなくなります。

このように、完結まで長い作品を見る機会が多い人にはちょっと不向きなサービスかもしれません。

私が感じたmusic.jpの5つのメリット

一方で、私が実際に使ってみて感じたmusic.jpのメリットについてまとめていきます。

個人的な感想としては、今までGEOやTSUTAYAなどで毎月新作のDVDをたくさん借りて3,000円〜5,000円近く使ってる!という方にはオススメかなと思います。

1)新作をたくさん見たいならかなりお得

music.jpで付与されるポイントの額は、他のどの動画配信サービスに比べても高いです。

music.jp 2461ポイント、翌月から4922ポイント
FODプレミアム 1300ポイント
TSUTAYA TV 1080ポイント
U-NEXT 600ポイント、翌月から1200ポイント
ビデオマーケット 540ポイント

もちろん、月額料金もその分割高ではありますが、月額料金の倍以上のポイントが入りますので多く新作をレンタルしていた人からすると、GEOに行くのを辞めてmusic.jpを利用するだけで節約になっちゃいます。

ちなみに通常ポイントと動画ポイントの違いとしては、通常ポイントは動画にも漫画にも使えますが、動画ポイントは動画だけって感じです。

2)毎月もらえるクーポンが嬉しい

music.jpでは毎月「50%OFF」や「100%OFF」といったクーポンが貰えます。

これは無料登録期間を過ぎた31日目以降からもらえるのですが、地味にこのクーポンが嬉しい。100%OFFが貰えたときには1作品分タダで見れちゃいます!

3)新作の品揃えが非常に早い

全ての作品ではないのですが、人気どころの作品であればDVDやBlu-ray発売日と同時に動画配信がmusic.jpではスタートします。

これはU-NEXTでもそうなのですが、限定版のDVDでカレンダーやグッズ等は別に興味はないけど、作品だけ見たい!という方には嬉しいところです。

もちろん、ラインナップの早い作品にもポイント適用できますので安心です。

4)music.jpの音楽アプリの使い勝手が良い

music.jpはその名の通り、音楽配信にも対応しているのですが、他の音楽配信アプリと比べて使い勝手が非常に良いのが特徴です。

例えば、聴きたい曲を選んだときにサビから聴きたい時もあると思いますが、そんな時はサビの歌詞をタップすれば、そこから再生を始めてくれます。

おそらく、この機能はmusic.jpだけじゃないかなと思います。

5)見放題番組チャンネルが地味に嬉しい

基本、music.jpには見放題作品はないのですが、スポーツ、子供向け、音楽チャンネルが見放題として含まれています。

スポーツに関しては日ハム戦のファーム中継やプロレス。子供向けチャンネルではプリプリ☆キッズステーションの動画が見れます。

音楽配信に関しては& MUSICで提供している番組が見れて、dTVチャンネルと同じ配信を見放題で楽しめます。

music.jpで見ることができるオススメ作品

ここからはmusic.jpで見ることができる人気作品についてまとめていきます。

非常に多くの作品ラインナップはありますが、実際にどんな作品が見られるのかは公式サイトをチェックしていただければ幸いです。

洋画

洋画であれば、「ジュマンジ」や「トゥームレイダー ファーストミッション」「ブラックパンサー」等の最新作はきっちりと揃っています。

洋画の多くの作品は432円から見れる動画が多いので、だいたい月に10本くらいはポイントで見る事ができますね。

邦画

話題になった邦画はしっかりと揃っています。

「この世界の片隅に」「君の膵臓をたべたい」「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」等の話題のアニメ映画から、「嘘を愛する女」「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」などの話題作もしっかりと揃っています。

国内ドラマ

国内ドラマの追っかけもしっかりとラインナップされていて、日テレ、テレ朝、フジテレビTBSからNHKのドラマまでしっかりと揃っています。

ただ、テレビ局系の動画配信サービスと比べると全てが有料ですから本当に見たいドラマだけを選んで見ないとポイントがすぐに無くなってしまいます。

海外ドラマ

Xファイル2018からプリズンブレイクシリーズといった人気作から、24などのまた見たい作品のラインナップもしっかりとしています。

ただ、個人的には海外ドラマに関しては1話毎に料金がかかってしまうので、HuluやNetflixといった定額制のサービスを利用した方がお財布には良いかなと思います。

アニメ

アニメもU-NEXTのように現在放送中のテレビアニメから、劇場版で話題になった君の名は。のような作品までしっかりと揃っています。

ただ、放送中のアニメは見放題じゃないので注意が必要です。

韓流・アジア

韓流・アジアドラマ作品に関しては、韓流ドラマが好きな友人から言わせると見たい作品が無い!とのことです。

ただ、作品数自体は多いので、あなたが見たい作品があるかどうかは一度公式サイトをチェックしてみると良いでしょう。

パチスロ・バラエティ

music.jpでもパチスロやバラエティの動画も配信されていますが、やはり見放題じゃないのが痛いところ。

ラインナップの数としてはU-NEXTのように、テレビ放送されている有吉のダレトクや、早朝の人気番組がっちりマンデーといった番組まで揃っています。

music.jpの評価まとめ

music.jpを実際に使ってみた感じた感想や、メリット、デメリットをまとめていきました。

  • 毎月レンタルビデオ店に3,000円以上使ってるならオススメ!
  • 作品の数は多いが見放題じゃないのに注意!
  • 音楽アプリが優秀!

とにかく新作の映画や作品を片っ端からチェックしている。という方にはmusic.jpはオススメです。

特に海外ドラマや韓流ドラマは見ないけど、新作の映画は必ずチェックしているという方であれば、U-NEXTmよりもお得に感じるかもしれません。

詳細ページ公式ページ